光学とフォトニクス

wh_Optic_Photonics

ズーミングおよび焦点合わせのための光学レンズの調整、またレーザ用途におけるミラーの調整などは可能な限り最小の設置スペースで最大の精度を必要とします。FAULHABERドライブシステムはコンパクトな形で完全な機能を提供します。

who


  •   主な応用例

  • 明るく点灯するパワーパック

懐中電灯をほんの一瞬点灯して空に向けると、ビームが月へと伸びていきます。人の毛髪の太さよりもビームを短くするには、どれだけ速く懐中電灯をつけたり消したりしなければならないのでしょうか?親指では無理なことだけは確かです。このレベルの超短ビーム(超短パルス)は、圧縮された高エネルギー波束へとレーザー光を分割する、いわゆるフェムト秒レーザーで発振されます。このレーザーは、人の目の角膜から超硬セラミックまで、対象となるものをミクロンレベルの精度で処理するのに利用できます。フランスの精密機器メーカーのISP System社はアクチュエーターを製造しています。アクチュエーターは、高性能レーザー内部でプリズム、ミラー、フィルターを正確に配列して、適切な箇所に適切な出力で光パルスを照射するのに使われます。FAULHABERのステッパーモータで信頼性の高いドライブを保証します。
▶詳細情報

wt_Pulsed_Laser

who


  • 究極の精度

最新の顕微鏡は医学研究において不可欠なものとなりました。検体の正確な場所を迅速かつ確実に観察できるように、常にレンズの下にステージを移動させてスライド位置を調整することが必要です。しかし、技術進歩のおかげで手動での調整は時代遅れのものとなってきています。今日ではマイクロドライブがこの作業を担っています。いかなる機械的な遊びも許さず、高精度で迅速な動作を確実にするため、新コンセプトのステージは小型リニアDCサーボモータを使用しています。 小数点の範囲の駆動において数ミクロンの繰り返し精度を誇ります。
▶詳細情報

microscope_scanning_stage

who


  • マイクロステッパーモータが画像をはっきりと捉える

医療と産業の分野における精度の高い手術や小型化の傾向はここ数年衰えを見せません。内視鏡などを使って皮膚面を小さく切開するだけで行う鍵穴手術、歯科技術、マイクロ技術はその最たる例です。残念ながら、裸眼で小型構造を識別するには相当な努力を要します。拡大鏡は視野方向が一方向のみなので、問題を引き起こすことが多々あります。扱いづらい固定実体顕微鏡は、特に医療分野において等しく実用的ではありませんが、ヘッドセットとして着用する新しいタイプの光学装置が微細構造を対象とした作業に革新的な変化をもたらしています。小型ステッパーモータがそれぞれの目に合わせて倍率とピントの調節を行います。驚くほどクリアな3Dビューが、毛細血管の手術や、顕微鏡でしか判別できない微細構造の検査・再建を目に負荷を与えずに行うことを可能にします。
▶詳細情報

micro_varioscope_microdrives

who