コンシューマ製品

wh_Consumer

電子的に制御された動きは、どこにでも見られます。多種多様な小型モーターは、幅広い用途の可能性を反映しており日常のアプリケーションでタスクを簡単に習得することができる強力な標準製品の範囲を提供します。

who


  •   主な応用例

  • ショールームの動く彫刻

BMWグループは創立100周年を記念して、100年後のモビリティ(人々の移動手段)をテーマに展示会「Iconic Impulses」を企画し、MTK AG社に展示の制作を依頼しました。MTK AG社は、ミュンヘン近郊のOlchingに本社がある制作会社です。多くの展示会を手掛け、FAULHABERの駆動装置に絶大な信頼を置いています。
▶詳細情報

wt_Geo_Kinetic_Sculpture

who


  • チェアレスチェア

長時間立ち仕事をする人は、足の痛みや腰痛に悩まされています。椅子は作業の邪魔になるため、作業中はほとんど座ることができません。長時間立ちっぱなしでいると下半身に疲労がたまり、集中力が低下して能率が悪くなります。特に高齢の労働者の場合、立ち仕事はきつく仕事も休みがちになります。スイスの新興企業Noonee社は、足と腰の負担を軽減する、独創的でシンプルな「チェアレスチェア(椅子のない椅子)」を開発しました。これまでのエクソスケルトン(パワードスーツ)とはコンセプトが異なり、バッテリーの継続時間は数時間ではなく、チェアレスチェアは数日間使用できます。この画期的な製品にもFAULHABER社のモータが使用されています。
▶詳細情報

wt_Chairless_Chair

who


  • ウォッチワインダー

ギャラリーや美術館に展示されていても、おかしくないオブジェクトです。連動して回転する時計は、時間の永遠の謎として三次元を連想させます。M&E社にとって、美術館で見た、自ら回転しながら周回する彫刻はまさに大きな衝撃でした。この作品に呼び覚まされた創作への情熱は、M&E社の工房で洗練された技術と繊細なディテールと融合し、この上ない豪奢な製品が作り出されました。この製品の心臓部は、世界の最高級時計を静かに動かすFAULHABER社のモータです。
▶詳細情報

wt_watch_winder

who


  • 水栓金具

水は命の源であるとともに、爽快な気分や楽しさも与えてくれます。しかし、それだけではありません。芸術の象徴でもあります。由緒ある泉や滝、仕掛け噴水、それらは水が芸術の象徴であることの証です。今日では最新技術によって、家庭にも「水のアート」を取り込むことができます。従来の水回りは水栓器具にこだわるだけでしたが、最新技術では水との調和を大切にします。また取り扱い方法もこれまでの家製品とまったく異なります。水流は手動操作で調整するのではなく、バックグラウンドに設置された小型のギア付きモータが自動で調節します。しかもモータは長期間メンテナンスが不要です。
▶詳細情報

water_dispenser

who


  • サッカーロボット

単純な道具のように見えるものでも、まったく違う視点から見ると驚くような技術だったりします。残念なことに特にドイツでは、こうした単純な道具は過小評価されがちです。この価値観を覆したのが、テーブルサッカー用の特別なソフトウェアです。フライブルク大学とガウゼルマングループの子会社であるadp Gauselmann GmbH社との協同研究プロジェクトで開発されました。このソフトウェアはThilo Weigel氏の博士論文を基本構想とし、ゲームの状況に応じて理論的に反応し動作するように設計されています。最新のプロセッサ技術とカメラによる光学画像処理がデータの入力と評価に使用され、耐久性のある高速DCモータがアクチュエータとして機能します。このソフトウェアは始め、状況依存型ソフトウェアのテストに使用するために開発されましたが、ゲームとして商品化され、大変人気があります。開発当初、誰もゲームとして販売されるとは考えていませんでした。
▶詳細情報

soccer_robot

 

who