DCマイクロモータの強力なパンチ

  • - DC micromotors pack a powerful punch -

DCマイクロモータの強力なパンチ

今日、移動ロボットは、危険すぎて人が対処できない危機的な状況において、不審物の特定や爆弾の処理など、産業活動や法の執行、またはテロ対策の一部として、しばしば展開されます。極限状況のため、このような「マニピュレータ・ビークル」は特殊な要件に適合する必要があります。ツールの正確な操縦操作と正確な取り扱いが2つの必須要件です。 もちろん、狭い通路を通ることができるように、デバイスもできる限り小型にする必要があります。当然、そのようなロボットに使われる駆動ユニットは等しく優れたものでなければなりません。特別な高性能マイクロモータは不可欠な要素になっています。

who

困難且つ危険な作業に対して、遠隔操作技術のスペシャリストであるTelerobは爆破物処理ロボット「Teodor」を開発しました。無限軌道上の全地形対応型の移動ロボットは無線で制御されます。このロボットは鉛ゲルバッテリーを動力源として完全に独立して動作します。重心が低いために、マニピュレータアームは30kgまで確実に持ち上げることができます。旋回範囲が360°あるため、アームはシャシーの近くにあるすべての物に楽々と届きます。伸縮アームモジュールはさらに400mm延長できるため、特殊なツールを使用する場合や、キーをカギ穴に差し込む場合にしばしば決定的な優位性を発揮します。who02

  • 小型、軽量で強力

30kgの質量をアームの先端で確実に保持することは極めて難しいと言われています。同時に特定の作業には腕力よりもむしろ正確さが要求されます。さらに、アームの先端ではコンポーネントのためのスペースが非常に限られています。そのため、グリッパー(把持部)には軽くて非常にコンパクトなデバイスが必要です。

csm_wa_Robot_Vehicle_yellow_91e10f1e11

who

30kgの質量をアームの先端で確実に保持することは極めて難しいと言われています。同時に特定の作業には腕力よりもむしろ正確さが要求されます。さらに、アームの先端ではコンポーネントのためのスペースが非常に限られています。そのため、グリッパー(把持部)には軽くて非常にコンパクトなデバイスが必要です。これらの難しい要件を満たすために、TelerobはマイクロモータのスペシャリストであるFAULHABERとチームを組みました。このグリッパーは約360°旋回可能で、同時に様々な作業に対処するために必要な精度とパワーを発揮できなければなりません。バッテリー駆動のデバイスにとっては電力消費量も重要な役目を担っています。駆動効率が高くなるにつれて、より長時間使用できるようになるからです。 「駆動問題」は遊星ギアと保持ブレーキを備えたDCマイクロモータを使用することで解決されました。3557シリーズのモータは、定格電圧6~48Vの範囲で最大26Wまで動作します。38/2シリーズのプリセットギアと共に動作すると、最大10Nmまで力を増大することができます。この金属製ギアは短時間の負荷ピークに対する耐久性に優れ、その影響を受けにくいものとなっています。 ギア比は3.7:1~1526:1の範囲で適切なものを選択することができます。コンパクトなモータ ギア ユニットはマニピュレータアームの上部にぴったり収まります。一体型保持ブレーキは停電時に最終位置を確保します。さらには、コンパクトなユニットはメンテナンス時や損傷の際にすぐに交換することができます。もう1つのキーとなる優位性としては、電流制限によるシンプルな制御が可能な堅牢なDCブラシモータが挙げられます。遠隔制御レバー上の逆圧によって電流強度をフィードバックすることによって、オペレータにグリッパーまたは「リスト(手首)」に印加された力の感覚を伝えます。 DC精密モータから成るコンパクトな駆動ユニットと適合するギア群は、様々な種類の駆動作業に理想的です。これらは堅牢で信頼性があり、かつ安価です。段階的な減速ギア比と標準コンポーネントによるシンプルなモータの制御は、使用するためのすべての必須要件、すなわち、安価、敏速性、信頼性を満たしています。csm_wb_Robot_Vehicle_89dbf872c5